飲食店ロゴマークのフォントについて

HOME » ロゴを作りたい » 飲食店ロゴマークのフォントについて

飲食店ロゴマークのフォントについて

ロゴマークには、ロゴ本体のみでデザインされているものと、ロゴタイプと呼ばれるフォントを組み合わせてデザインしたものがあります。
飲食店のロゴマークには、フォントを組み合わせたものがいいのでしょうか?
それとも、シンボルマーク単体のロゴデザインがいいのでしょうか?

結論からいうと、ロゴ本体とフォントを組み合わせたものの方が、飲食店のロゴデザインにはふさわしいです。
それは、ロゴマークをみるだけで、お店のコンセプトがお客さんに伝わるようにしなければならないからです。
ロゴマーク本体だけだと、そういったコンセプトが伝わりにくくなってしまいますので、実際にも、フォントと組み合わせたデザインがよく飲食店では使われています。
フォントを組み合わせることで、デザインに厚みも生まれますので、シンボルだけのデザインよりも人の印象に残りやすいというメリットもあります。

では、飲食店のロゴマークには、どのようなデザインや色がおすすめなのでしょうか?
基本的には、オレンジや黄色といった暖色系の色がよく使われますが、茶色や緑といった「自然」をイメージさせるような落ち着いた配色を採用しているロゴデザインもあります。
暖色系は、レストランや居酒屋などに多く、茶色や緑はカフェなどでよく使われています。

逆に、飲食店に向かないロゴデザインは、シャープで青系の色で配色されたロゴデザインです。
製造業やIT系の会社では、このようなロゴデザインがはまるかもしれませんが、飲食店のロゴデザインには無機質過ぎます。
飲食店には飲食店向けのロゴデザインがあり、製造業やITには、それにふさわしいロゴデザインがあるということです。

このように、ロゴデザインは業種に合わせた色やデザインの物を使用した方が、ミスマッチになりませんのでいいかと思われます。
ちなみにロゴデザインを制作する時には、まずリサーチを徹底して行うことが肝心です。
一見関係ないように思われがちな工程ですが、ロゴデザインの本来の目的であるブランディングを果たすためには、市場リサーチは欠かせないものだと言っても過言ではありません。
デザインだけなら、アプリやソフトを使って自分で制作することが可能ですが、それだけだとコンセプトと合わない物が出来てしまうので、ロゴデザインにはきちんと情報を盛り込むことが肝心です。

また、フォントを組み合わせるのは、ロゴマークを見たお客さんに、そのお店の情報が伝わるようにするという意味もあります。
専門的な知識が、意外に必要になるのがロゴデザインです。
できればプロに依頼して、本格的なロゴデザインを作ってもらうようにしましょう。