居酒屋向けロゴデザインの特徴は?

HOME » ロゴを作りたい » 居酒屋向けロゴデザインの特徴は?

居酒屋向けロゴデザインの特徴は?

居酒屋のロゴにはどんなデザインがふさわしいのでしょうか?
今回は、そのデザインの特徴と作り方について紹介したいと思います。

居酒屋の雰囲気にマッチするロゴマークは親しみやすく、コンセプトがわかりやすいデザインがぴったりです。
シャープなデザインではなく、丸みを帯びた、柔らかいフォルムのシンボルがいいのではないかと思われます。
色は飲食店にふさわしい暖色系が良く、ベースとなる色ともう一色、店のインテリアに合わせた色を組み合わせてみると良いでしょう。

居酒屋と聞くとどのような雰囲気を思い浮かべるでしょうか?
ロゴデザインを考える上で、店内の雰囲気をイメージすることは重要なことです。
店内が純和風の落ち着いた個室の居酒屋であれば、高級感のあるデザインのロゴがマッチしますが、賑やかな大衆居酒屋のような店内であれば、親しみやすいデザインの方がマッチしやすくなるでしょう。

このようなロゴデザインは、自分でも制作することができます。
自分で制作する場合は、アプリやソフトの費用だけで済みますので予算に余裕がない人はチャレンジしてみると良いでしょう。
まず自分で作る場合は、お店のコンセプトを今一度抽出して見る必要があります。
コンセプトが思い浮かばない場合は、そのお店の戦略自体を直さなければならないのでちょうどいい機会になるかもしれません。

居酒屋のような飲食店は、ライバル店舗多いので、お店独自のコンセプトを打ち出して、ロゴデザインにも他社とは違った差別化を図らなければなりません。
そもそもロゴデザインの目的は、ブランディングを狙ったものです。
ブランディングとは、いわゆるブランド化のことで、お客さんがそのロゴマークをみただけで、お店を思い浮かべてもらえるようになるための戦略です。
ブランディングに成功すれば、お客さんの記憶にお店の姿が、永続的に残るようになります。

自分でロゴデザインを制作する場合は、なかなかブランディング効果のあるデザインを制作するのは、正直難しいという難点もあります。
デザイン制作の経験があるのであれば、集客力のあるロゴデザインを制作することが可能かもしれませんが、そうでなければ、お店の看板に使えるロゴデザインを制作するのは難しいでしょう。
やはりデザイン製作はプロに依頼をして、きちんとしたものを作ってもらう方が効果が高いです。
費用は掛かってしまいますが、ブランド化は商売を成功させる上で必ず必要になるものです。
まずは色々な制作会社を探してみて、ロゴデザインをいくらで制作できるかを見積もってもらうといいでしょう。