Designs by - 飲食店向けのロゴデザイン

飲食店向けロゴの特徴と作り方

お店や会社のシンボルを表すロゴデザインは、どの会社も使用している宣伝ツールです。
色々なロゴデザインがありますが、飲食店向けのロゴはどのような特徴のデザインがおすすめなのでしょうか?
また、その作り方はどうやればいいのでしょう?

▼ 目次

飲食店向けのロゴデザインの特徴

飲食店向けのロゴデザインの特徴は、まず第一に親しみやすい柔らかなフォルムのロゴが多く使われているということです。
配色も、青や水色と言ったシャープな色合いは避けて、オレンジや肌色といった暖色系の組み合わせでデザインされることが多いです。
なぜ暖色系が選ばれるのか?というと、暖色系の方が食欲をそそる傾向があるためです。
店内のインテリアも暖色が良く使われることが多く、ロゴもそそれと同じく、温かみのある色合いが好まれます。

ロゴマークのシンボルには、取り扱っているメニューが分かるようなイラストが施されたり、お店のコンセプトが伝わるようなデザインが、ロゴタイプと一緒に組み合わせられたりしています。
IT系や建築系のようなロゴデザインとは違って、どこか一般的に馴染みやすいロゴマークが好まれるのが飲食店向けのロゴマークの特徴です。

飲食店 ロゴ作成 についてはこちら

ロゴマークの作り方

さて、ここからは、飲食店向けのロゴマークの作り方について説明したいと思います。
ロゴマークは業者に依頼をして制作する方がいいのですが、予算の都合上自分で考えるケースもあるかと思われます。
その場合、まず一番に考えるべきことは、自分のお店のコンセプトはなんなのか?について、 書き出すということです。
飲食店を経営されている人ならわかるかと思われますが、 お店のコンセプト設定は、集客する上で重要な要素のひとつです。
ロゴデザインに取り入れるデザインにも、このコンセプトが分かるようなシンボルを入れるのが理想的です。

例えば、魚介系のメニューがメインのお店であれば、それに合わせて魚やエビ、カニなどのイラストをシンボルに取り入れてもいいですし、海の風景をロゴに入れてもいいでしょう。
一方、肉料理がメインのお店であれば、それに合わせたデザインをロゴに取り入れた方が、お客さんにコンセプトが伝わりやすいです。
このお店は一体何が食べられるお店なのかが分かるロゴにするのが、飲食店向けのロゴデザインの基本だといえます。
それでいてシンプルなデザインにすることが、お客さんの記憶に残るロゴデザインを作るコツです。
複雑な模様にしてしまうと、意外に記憶に残らないデザインになってしまいます。

これは飲食店に限った話ではないのですが、良いロゴの条件というものがありますのでここから説明したいと思います。
良いロゴというのは、シンプルで覚えやすく、流行に左右されないロゴデザインです。
特に流行に合わせたロゴデザインは要注意です。
認知力は高いのですが、ブームが過ぎてしまうと忘れられてしまう恐れがありますので、むしろ流行から外して、独自性の強いデザインや配色にするのが、いいのではないかと思われます。

お店にとって使いやすいロゴにするのがポイント

あと、お店のイメージにマッチした、ロゴデザインにすることも大事でしょう。
お店のイメージと合わない配色や模様をロゴに取り入れると、お客さんからすると違和感を感じてしまうものになってしまいます。
お店のコンセプトからずれないよう、デザインには気をつけなければなりません。

また、お店独自のドレッシングやグッズ等を販売する時に、ロゴを印字できるよう、多用途性を満たしたデザインにする必要があります。
縦横の幅がコンパクトなデザインの方が便利です。

コンセプトのスケッチをするのがおススメ

このようなロゴデザインを制作する時には、まずはコンセプトをまとめてスケッチを行うことから始めます。
いきなりパソコンに向かって、デザインを描き始めることはあまりしません。
専用のソフトを使ってデザインをすることになるのですが、自分で上手にデザインを描けない場合は、ロゴデザイン専門の業者に依頼した方がいいでしょう。
専門の業者に依頼をすれば、ロゴデザインに取り入れるための情報のリサーチから徹底して行ってもらえます。

ロゴデザインはただイラストを描くだけではなく、先ほども説明した通り、お店のコンセプトを十分に考慮した上でマッチしたデザインにしなければなりません。
そのためにはお店のコンセプトの抽出や、市場リサーチを行い 、その上で人の記憶に残りそうなロゴデザインを考えていく必要があります。
自分でこれらの作業をやるのは、結構大変なことですので、予算に余裕があるのであればロゴデザインは外部に発注をした方がいいでしょう。

ロゴデザインをプロに発注するメリットは、制作に掛かる時間をすべて本業に回すことができるということです。
特に立ち上げたばかりの会社ならなおさら、本業がとても忙しい状況である可能性が高く、会社のロゴマークを自分で制作している時間的余裕は、少ないのではないかと考えられます。
本業をおろそかにしないためにも、外部業者に回せる仕事は 任せていった方が効率も良くなりますし、結果的に良いロゴデザインに仕上がるでしょう。